STORYストーリー

2011年、何もかも分からない状態からKOKONをオープンしました。

僕たちは美味しい料理と気持ちのいい空間、もっと良くなるはず。まだまだ何か出来るはず。そんなことを毎日思いここまできました。

改装とリニューアルを繰り返し。

不安な気持ちとお店に夢中になる日々の中で不安だった日々が嘘のように、今では沢山のお客様が来て頂けるようになり本当に感謝しています。

In 2011, I opened KOKON with no idea what I should do.

I have been thinking every single day about what I could do for providing more delicious dishes, comfortable space to our guests.

Kept on refurbishing - While feeling anxious and being into KOKON...

I deeply appreciate that now many guests have come to our restaurant.

How I could imagine this future.

「お店をやる意味」ってなんだろう。

KOKONを始めたとき僕はただ自分の居場所がほしい。

何にもない自分に何か出来ることがあるかもしれない、ただその想いだけでした。

今ではお客様の笑い声で店内がいっぱいになって、大変な仕事のはずなのに笑顔で元気にいてくれるスタッフ。

去年最後の営業中、村上店長は「今年も頑張ったね、良かったね。」と涙を流してくれました。本当に最高の仲間に恵まれています。

“What makes me run a restaurant?”

I just wanted a place of my own.

I just thought there might be something I can do for someone.

KOKON is now full of smiles. Staff always smile even their work should be hard.

“We’ve done great jobs this year as well, we did great.” The manager Murakami said and shed tears on the last businesses day of 2020.

I am so lucky to have such great staff.

KOKONを始める前に思い描いていた未来は想像と違いました。想像を超えた、もっと素敵な未来がここにあります。

これもすべて、普段からあたたかく支えてくださっている皆さまのおかげです。心から、感謝いたします。

今年も沢山のお客様に喜んで頂けるように、笑顔でお迎えできる準備をしていきます。

よろしくお願い致します。

The future is different from what I had imagined when I started KOKON.

It is more bright future.

It is thanks to everyone who support me warmly. I sincerely appreciate you.

We hope more guests spend happy moment at KOKON this year as well and we are ready for it.